ホームページ制作・携帯サイト制作・CMS構築世の中にはたくさんのサービスが溢れています。どこから手をつけるのか?
見極めは難しくなっている昨今、いまさら聞けないホームページの常識情報です。

集中力をアップしたいならレンタルオフィス

自分の部屋がいつもの仕事場であるという人も多い様ですね。自分の部屋で仕事をする場合には、生活と仕事の区別をしっかりとしておかないといけない様ですね。

仕事中にテレビがあって、つい気持ちが仕事に集中できなくなってしまったり、または休みの日に自宅に仕事の電話がかかってきてしまうという事もあるでしょう。

仕事に対する集中力をアップしたいならレンタルオフィスはいかがでしょう。レンタルオフィスでは仕事に必要な物以外はありません。

そんな環境の中で仕事をすると、かなり仕事に没頭する事ができるのではないでしょうか。

自分は集中力がないのかな、と思っている人でもレンタルオフィスなどで場所を変えるという事で集中できる様になるかもしれませんね。

レンタルオフィスの料金について

一般的な会社業務に使われる家具や設備を備えつつ、貸事務所に比べて比較的安く使用でき、短期での契約も可能なのがレンタルオフィスです。人数や用途に合わせてオフィスの広さを選択することができますし、業績に応じてサイズを大きく変更していくこともできます。

では料金はどのくらいなのでしょうか。まず初期費用を抑えることができます。貸事務所の場合は一般的に賃料の12か月分を最初に保証金として払いますが、レンタルオフィスの場合は賃料の3か月分程度の保証金で良いので料金を抑えられます。さらにインターネットカフェのような感覚で時間貸ししているところもあります。まずは試してみたい方や週末だけ利用してみるのも良いかもしれません。

契約期間を確認したいレンタルオフィス

企業によってはレンタルオフィスを利用する際に、短い期間の利用を求めている人もいれば、長い時間の利用を求めている人もいます。また、レンタルオフィスの契約期間というのは、それぞれ違います。

ずっと同じレンタルオフィスを使い続ける事もあれば、別のレンタルオフィスに引越しをする事もあるでしょう。そのため、レンタルオフィスの契約期間は最初に確認しておく必要があります。

そして、できるだけ希望に近い契約期間の物件を見つけて入居するといいでしょう。契約期間が利用したい期間と大きく異なる場合には不便だと感じられる事もあるでしょう。契約をしてしまうまでの期間に、細かい事を確認しておきましょう。

レンタルオフィスの電話秘書サービスについて

レンタルオフィスを利用するにあたって電話応対を専門に引き受けるサービスです。東京や大阪など市外局番から始まる固定電話回線を使用するので会社の信用度が高まります。電話秘書とは電話応対のための高いスキルを身につけ、会話のマナーを熟知しているプロであり、おもてなしの心でする丁寧な受け答えは仕事をスムーズに進めるサポートにもなります。

電話秘書サービスが各レンタルオフィスのプランから選べたりセットになっているので、余計な人件費がかからないのもメリットの一つ。自ら電話応対しなくて済み仕事に集中でき、大切な仕事の連絡、取引の相手を逃してしまう心配も不要です。

レンタルオフィスのサービス

レンタルオフィスを利用する際に確認しておきたいのが、法人登記ができるかどうかです。全ての施設が本社として登記できるわけではありません。

登記ができるかはレンタルオフィスに入居する際の契約で決定されるので、法人登記を行いたい場合は事前に確認するのが重要です。

便利なオプションとして、電話やFAXなどを受信できる秘書業務オプションが利用できる施設は利便性が高いと言えます。施設によっては個別の電話線を引く必要がある電話やFAXの対応は異なります。常駐スタッフを用意し、電話応対を行ってくれる施設もあります。

レンタルオフィスと賃貸オフィスの違い

レンタルオフィスと賃貸オフィスとの違いは、賃貸オフィスの場合は、不動産との契約締結後、内装工事、ネットワーク工事といった必要設備の準備や設置等を行ったあと入居となります。

それに対し、レンタルオフィスは、すぐに入居可能な状態で設備されているので、ワークスペースを提供する形になります。不動産契約ではなくサービス利用契約となり、入居のハードルが不動産を契約することと比べると低くなります。

そのため、設備準備などのコストを省くことができるので、結果的に初期投資を抑えることができるということがメリットです。

レンタルオフィスに関連する記事

トップへ戻る